料理は大好きな彼に食べさせたくて頑張り始めた!

料理は大好きな彼に食べさせたくて頑張り始めた!

私は結婚するまで、あまり料理をした事がありませんでした。実家暮らしという事もあって、母親が料理は全て作ってくれていたからです。なので、趣味でたまにお菓子作りをする程度でしか、キッチンを使うことはありませんでした。

ありきたりかもしれませんが、社会人になって出来た彼氏が一人暮らしだったので、手料理を食べてもらいたいと思うようになったのです。料理本を見れば、ある程度は私にも作れると思って挑戦したのですが、今イチな出来映えで、あまり彼に喜んでは貰えなかったのです。そこで、このままではいけないと思い立って、料理を習いに行くことにしました。

最初は満足に千切りなども出来なかったですが、徐々に膨張の扱いも慣れていったので、次第に料理が楽しいと感じる様になってきました。味付けなんかも、それなりに分量をきちんと計ったり、調味料を入れる順番なども改めて知りました。そこから、仕上がる料理の美味しさを想像する事が楽しみになり、料理が苦手だなという気持ちからも解放された気がします。

もちろん、そればかりではありません。彼が私の手料理を食べる度に、本当に美味しそうな顔をしてくれるので、それが一番の励みになった事は間違いありませんでした。基本的には洋食の方が好きなので、洋食を作る回数が多いですが、今では煮物などの出汁の美味しさにハマってしまい、和食のメニューが食卓に並ぶ頻度が増えています。これからも、更に得意な分野を増やして行きたいです。

Comments are closed.