料理嫌いの原因とそれを改善するために良かった出来事

料理嫌いの原因とそれを改善するために良かった出来事

私は昔から料理嫌いで買い物をすることが殆どでした。その理由には料理をすると体力を使うという部分がありました。つまり料理は疲れるということが体に染み付いていたのです。しかしある時に自分は料理を作りたくなるテレビ番組を見ました。実際にテレビの中では常に面白い料理番組があります。私は料理番組を見て嫌いな部分を改善できると感じました。

料理嫌いを治すためには気持ちを新しくする必要がありました。そこで単純に自分が食べたい食材を買ったのです。これで多少は料理嫌いのことを忘れる結果になりました。その後は好きな食材を使って普通に料理を作りました。するとあまり嫌な印象はなくて自分で驚きました。以前は料理嫌いのせいで食材も触りたくない感じでした。しかしこの時はスムーズに料理ができて完成品も良かったのです。

結局は自分が食べたいという気持ちを優先させるべきでした。以前は食べたくない時に料理をすることが多かったです。だから結果的に料理嫌いが強くなっていったのだと思いました。その後は普通に料理をするようになったので気分も優れています。また料理嫌いを克服すると新しい世界が見えてきます。私は色々な料理に挑戦したいという欲求も出てきました。

この出来事で私は料理嫌いが治って非常に嬉しかったです。料理嫌いは自分の中に問題があるので改善すべきです。そして私のように単純な理由で料理嫌いになっていることがあります。料理を作れるようになると面白いので趣味としても成立します。

Comments are closed.